Daily

VIVISTOPクルー自己紹介

クルー自己紹介⑤

IshigeHinako

Hinako Ishige

2018/8/22

クルー自己紹介⑤

はじめまして!
VIVISTOP柏の葉にて、7月からインターン生としてお手伝いさせていただいている石毛ひな子です!
今回は、自己紹介、VIVITAとの関わり方についてなどお話していきたいと思います。

*生い立ち
私の故郷は、目の前に富士山が広がる静岡県の富士市という街です。

近所の母校から見える富士山

小さなころから、周りには大好きな物事が溢れていました。例えば、人と話すことや本を読むこと、動物と触れ合うこと、編み物、音楽を聴くこと、外で遊ぶのも好きだけど、家にこもることも好き。自然が好き、でも都会も好き。数え始めたらきりがないくらいです。これって、逆に言えばこだわりが少なくて無頓着なだけかもしれない。でも、それぞれに良さがあって好きな理由もちゃんとあるんだな~!と思いながら20年間生きてきました。

幼少期の私(この頃の写真だいたい大笑いしてます)

その中で、特に私のアイデンティティとなっていて、VIVITAでの活動につながるものを紹介したいと思います。

*家族
タイトルにある通り、家族大好き人間です。父、母、妹、弟、みんな仲が良くて、(もちろん喧嘩もたくさん)夕食時には、子供達みんな言いたいことがありすぎて手を挙げて順番に発表するくらい盛り上がってしまうようなことが多くありました。それに加えて、近所には年の近い6人のいとこが住んでいたため、放課後には家の前やすぐ近くの祖母宅で遊ぶことがしょっちゅうでした。
かくれんぼやものづくり、時にはお店を開いたり、結構本格的なハロウィンパーティーをしたり。活動は色々でしたが、そのどれもが基本子供だけで計画・実行されていたので、分かりやすく言うと小さなVIVISTOPが開かれている感じでした。

いとこの写真。大きくなった今でも毎週金曜にはだいたい集合しています。

そのため、初めてVIVITAに来た時にはとてつもなく懐かしさを感じたのを覚えています。彼らと年は離れているけど、なんでも子供だからってできないことはないよね。と色々共感できるのは、この経験があってなのかなと思います。

*農業
私は今、信州大学という長野県にある国立大学の農学部で、主に動物と農学についてあれこれ勉強しています。ある時は教室で動物の体のしくみや乳酸菌について勉強したり、ある時は作業つなぎをきて羊の毛刈りや田植え作業をしたり、またある時は白衣を着て遺伝子組み換えを勉強したり。本当に色々な方面から、動物に関連した農学を勉強しています。日本一標高が高い国立大学と言われるこのフィールドで、大自然に囲まれながら楽しい生活を送っています。

羊の毛刈りをした日の写真。抱いているのは赤ちゃん羊。

小5で書き始めた夢ノート。時々見返しています。

“自然と動物が好き”という単純な理由で、小学5年生からいつかは農場をやりたい!と言っていました。将来は、子供達と農業を繋げる実践的テーマパークみたいなものを作りたいです!

*編み物
保育園時代、大好きなおばあちゃんにかぎ編みを教えてもらったのがきっかけで、気づけばずっと編み物を続けてきました。作ったものは数えきれないのですが、自分よりだれかにあげるために作った作品の方が圧倒的に多い気がします。

そんな経緯から、最近は制作活動を本格化させて編み物を使ったアクセサリーを作って売ったりなんかもしています。

作った作品の一部。現在は主にタティングという技法を使ってレース編みをしています。

VIVITAでは、思っていた以上に編み物に興味を持ってくれる子が多く、子供たちに作り方を教えることや、一緒にアクセサリーを作ることが多々あります!が、しかし!ここにきて、教えることの難しさを痛感しています。みんなが興味を持ってくれることがとても嬉しい分、どうやったらうまく楽しく教えられるのか、絶賛考え中です。。。

*VIVITAとの関わり方とこれから
VIVITAに入るきっかけは、お世話になっている先輩の紹介でした。
まずは一回見に行ってみよう。というところから始まり、インターンとしてお手伝いさせていただけることになってから一か月半、気づけばすっかりのめりこんでいます。授業のあった7月の間は土・日・月・火を柏の葉で、水・木・金を長野で過ごす生活を送り、8月からの夏休み期間は柏を中心に生活しています。秋からはまた、長野での大学生活に戻りますが秋から始まる色々なイベントに向けてできる限り参加していきたいと思っています!行ったり来たりでちょっぴりハードですが、とっても充実しています。中身が濃いです◎

プレロボコン出場時の写真(また大笑い)カメラの得意な男の子が撮ってくれました。

VIVITAに入ってから初イベントだった”ビビナツ”で一緒に出店を頑張ってくれた二人。

私自身、”好き”な気持ちを原動力に人生が動いてきた人間なので、みんながそれぞれ好きなことを見つけて、熱中するために手助けができたらという思いで活動しています。立ち位置はまだまだ迷い中ですが、色々な面で子供達がもっと活動を深めたり広げられるような環境づくりをしていきたいです。そして、子供達と一緒に自分の興味を追及しつつ将来について考えていけたらな~、なんて思っています。
子供も大人もおんなじ視点で好きなことに熱中し、「気づいたらもうこんな時間!」という声が毎日聞こえてくる、この空間が大好きです。

MENU